Skip to content

発行株、浮動株の少ない銘柄

発行株、浮動株の少ない銘柄 published on

発行株数や浮動株数の少ない銘柄は流動性が低いため、好材料が出た場合には大きな値上がりが期待できます。
実際にどのような銘柄があるのか、調べてみました。

発行株数が100万未満の銘柄

全上場株式の中から、発行株数が100万株未満のもののみ抽出してみました。
更に浮動株比率から浮動株数も併せて算出し、2016年2月17日時点のPERと配当利回りも記載しました。
ただし流動性が低いという特性上、PERや配当利回りは変動しやすいので注意が必要です。
Yahoo!ファイナンスはこちらからどうぞ。

コード 市場 銘柄名 発行株数 浮動株比率 浮動株数 PER 配当利回り 備考
7903 名証2部 名古屋木材 400,000 31.1% 124,400 46.83 1.67%
9643 名証2部 中日本興業 540,000 78.1% 421,740 44.53 0.69% 優待あり
1401 東証マザーズ エムビーエス 727,500 21.8% 158,595 9.89 0%
4669 東証JASDAQ ニッパンレンタル 760,252 30.7% 233,397 17.82 3.40%
1382 東証JASDAQ ホーブ 762,000 31.5% 240,030 1.74%
8513 名証2部 中部証券金融 800,000 38.0% 304,000 7.50 3.53%
8257 東証JASDAQ 山陽百貨店 810,000 17.3% 140,130 27.04 0%
3437 東証JASDAQ 特殊電極 801,000 50.3% 402,903 6.43 3.69%
7813 東証マザーズ プラッツ 931,500 23.0% 214,245 9.87 3.02%
3177 東証JASDAQ ありがとうサービス 953,600 28.5% 271,776 10.65 3.00%
3394 東証マザーズ ネットワークバリューコンポネンツ 963,500 32.0% 308,320 13.46 0%

この中で個人的に面白そうな銘柄をピックアップします。

[7903] 名古屋木材

これが発行株数、浮動株数共に一番少ない銘柄でした。
残念ながら今期のPERは低いですが、継続的に安定した配当も出ているようです。
名前からすると昔からの保守的な企業のように感じましたが、クラウドファンディングを活用して斬新な製品も作ろうとしているようです。
名古屋木材株式会社:曲がる木のシステム手帳
新しいアイデア・製品を生み出せるのは強い企業体質だと思いますので、もう少し値下がりしたら購入を検討しています。

[8513] 中部証券金融

以前にも紹介した銘柄です。
低PER、高めの配当利回りですが、発行株数が少ない上に名証単独上場という銘柄です。
業績は安定していますので、中長期での保有には向いていると思います。

[8257] 山陽百貨店

山陽百貨店はその名の通り、百貨店です。
これまでは1株益が高くPERも低い水準でしたが、利益は自己資本の回復に充てていたようです。
今期は1株益低めの予想となってしまい、魅力が小さくなってしまいました。
懸念は自己資本比率の他、店舗が1店舗だけというリスクもあります。

[3437] 特殊電極

こちらも低PER、高めの配当利回りの銘柄です。

[7813] プラッツ

介護ベッドの製造という事業に将来性がありそうです。
個人的には興味を惹かれる銘柄ですが、今のところは様子見です。


Primary Sidebar