宝くじ付き定期預金の名目利回りと実質利回り

宝くじ付き定期預金の名目利回りと実質利回り published on

なぜ宝くじ付き定期預金? 私はこれまで貯蓄の一部は定期預金にしていました。 しかし現在、マイナス金利の影響により定期預金の利息はほとんど期待できなくなっています。 また[8306]三菱東京UFJ銀行は、定期預金金利を0.2%上乗せする株主優待が廃止されました。 このような状況で、定期預金の代わりにできるだけ元本保証・ノーリスクの運用手段を探していたところ、宝くじ定期預金の存在を思い出しました。 そこで、宝くじ定期預金が実際にどの程度の利回りなのか、計算してみました。   宝くじ付き定期預金の利回り [8358]スルガ銀行のジャンボ宝くじ付き定期預金、[8355]静岡銀行の宝くじ付き定期預金などがありますが、いずれもおおよその相場は1年あたり宝くじ30枚/300万円のようです。 したがって、ここではスルガ銀行や静岡銀行を例に挙げて計算します。 まず、定期預金金利は0.01%です。 … 続きを読む 宝くじ付き定期預金の名目利回りと実質利回り

クレジットカードで支払いを遅らせることによる資産運用の効率

クレジットカードで支払いを遅らせることによる資産運用の効率 published on

私は普段、生活費を支払う時にクレジットカードを使っています。 クレジットカードはポイント還元などのメリットが注目されがちですが、支払いを遅らせられる面に注目してみます。 支払いを遅らせるメリット クレジットカードを使うと、月々の支払いを約1ヶ月程度遅らせることができます。 これはクレジットカードで払った分だけ多く現金が手元に残るということであり、企業の会計で言えばキャッシュフローが改善することになります。 たった1ヶ月と思われがちですが、毎月1ヶ月ずつ支払いを遅らせられるということは、半永久的にその金額分だけ資産として運用できるということです。 例えば毎月10万円をクレジットカードで支払い続ける場合、20万円分だけ資産を多く運用し続けられる計算になります。 生活費がカツカツで貯金や投資に回すお金が少ない人や、毎月の収入が多い人ほど効果が高いことになります。 無難な活用法は定期預金+金利優待… 続きを読む クレジットカードで支払いを遅らせることによる資産運用の効率