[2492] インフォマート:企業間電子商取引のプラットフォーマー

[2492] インフォマート:企業間電子商取引のプラットフォーマー published on

インフォマートは私がここ数年注目している銘柄の一つです。 今回はインフォマートのビジネスモデルとその強みを中心に分析しました。 BtoB向け取引プラットフォームの強み インフォマートは受発注、請求書、規格書、商談などのBtoB取引に関するプラットフォームを展開しています。 このビジネスモデルは非常に強力で、以下のような特長があります。 BtoB向けストックビジネスの安定性 月額システム利用料を得られるストックビジネスであるため、安定した業績が見込めます。 またBtoB向けなので、BtoCに比べると情勢が急激に変化する可能性も低いと言えるでしょう。 収益性も非常に高く、ここ数年の営業利益率は30%~40%の間で推移しています。 直近の2016年12月期では売上高61.5億円、営業利益19.6億円、営業利益率は31.8%となっています。 取引プラットフォームの競争優位性 取引プラットフォームは… 続きを読む [2492] インフォマート:企業間電子商取引のプラットフォーマー

日本のIT業界における、将来性のありそうな銘柄

日本のIT業界における、将来性のありそうな銘柄 published on

日本のIT業界が直面する、2つの本質的問題にて、日本のIT業界の将来性が明るくないことについて触れました。 今回はその日本のIT業界の中でも将来性のありそうな企業と、それに該当する銘柄の例をまとめました。 パッケージ開発系の企業 パッケージ開発系の企業とは、ソフトウェアパッケージ製品を開発している企業を指します。 これはパッケージ製品が優れたコスト構造を持ち、限界利益率が高いためです。 ただしパッケージ製品は優れたものを作ったとしても、販売できなければ意味がありません。 [3850] NTTデータイントラマートは、社内向けのワークフローに関するパッケージ製品を開発しています。 販売に関してはNTTデータのブランド力や販路を活かせるのが強みとなるでしょう。 [4684] オービックは営業利益率が高いIT企業として有名ですが、システムインテグレーターだけでなくパッケージ開発も手がけています。 … 続きを読む 日本のIT業界における、将来性のありそうな銘柄

フロービジネスとストックビジネスの特徴に見る投資戦略

フロービジネスとストックビジネスの特徴に見る投資戦略 published on

ビジネスモデルはフロービジネスとストックビジネスに大別されます。 これらの観点は、株式投資を行う上でも非常に重要です。 フロービジネス フロービジネスとは? フロービジネスとは1回の取引で1回の売上が立つようなビジネスモデルです。 シンプルで分かりやすい形態ですが、売上のためには営業活動を行う必要があります。 逆に言えば、営業活動を行わなければ売上は全く発生しません。 そのため、フロービジネスでは常に売上に応じた販売管理費がかかっていることになります。 フロービジネスの例 小売業 コンビニエンスストア、スーパーマーケット、家電量販店などの小売業は、典型的なフロービジネスです。 小売店では「来店者が店内で商品を選んでレジで会計する」という取引で成立しています。 一回一回の取引は独立したものであり、一回購入したからといって定期的に購入してくれる保証はありません。 また、店舗は商品陳列や在庫補充… 続きを読む フロービジネスとストックビジネスの特徴に見る投資戦略

[8252] 丸井グループ:カード事業が主力の小売業

[8252] 丸井グループ:カード事業が主力の小売業 published on

丸井グループは首都圏を中心に小売業を展開していますが、実は…? 利回りは高くはありませんが、ビジネスモデルが面白い銘柄です。   一見フロービジネス、実態はストックビジネス 丸井グループの業種は小売業となっていますが、実際ところはクレジットカード(金融)です。 これはマルイが古くから割賦販売を行ってきたことや、早くからクレジットカードを導入したことからも分かります。 マルイはかつて月賦百貨店と呼ばれていましたが、これは百貨店と異なり、今でも百貨店協会には加盟していません。 以下のセグメント別利益を見ると、カード事業は利益全体の6割を超えており、カード事業がメインであることが裏付けられます。 過去6年間のセグメント利益を見ても、カード事業は小売・店舗事業よりも安定的に、大きな利益をもたらしています。 これは小売事業がフロービジネスで景気などの外的要因に影響されやすいのに対し、カード… 続きを読む [8252] 丸井グループ:カード事業が主力の小売業

[3167] TOKAIホールディングス:静岡地盤のストックビジネス

[3167] TOKAIホールディングス:静岡地盤のストックビジネス published on

TOKAIホールディングスは静岡県を中心とした東海地方や関東地方へ商品サービスを提供している会社です。 TLC会員の方は利回りが非常に良いのでオススメです。   ストックビジネス中心の事業 この会社は以下のように様々な事業を展開しています。 ・LPガス、都市ガス ・インターネットプロバイダ ・ケーブルテレビ ・天然水の宅配サービス ・その他、ブライダル、介護、住宅関係など 主にストックビジネスを中心にとした事業で構成されている事が分かります。 特にガス、インターネットプロバイダ、ケーブルテレビなどは特に毎月安定した収入が見込める、安定性の高い事業構成となっています。 天然水の宅配サービスは今のところ赤字のようですが、黒字化されればこちらも魅力的なストックビジネスの一つになるでしょう。   TLC会員サービス 最近は顧客の囲い込みにも力を入れているようで、TLC会員サービ… 続きを読む [3167] TOKAIホールディングス:静岡地盤のストックビジネス

[6078] バリューHR:ストックビジネスと高利回りの優待が魅力

[6078] バリューHR:ストックビジネスと高利回りの優待が魅力 published on

バリューHRは企業向けに健康に関するサービスを提供している会社で、バリューカフェテリアという福利厚生サービスを提供しており、これが株主優待にもなっています。 成長が見込めるストック型のビジネスモデルと、株価を支える配当・株主優待が魅力の銘柄です。 株主優待 株主優待はカフェテリアプランです。これを目当てに株を保有している方も多いのではないでしょうか。 年会費が無料で利用でき、さらにカフェテリアポイントが付与されます。   ビジネスモデル バリューカフェテリアは安定的に会費収入が見込めるストック型のビジネスモデルとなっています。 ベネフィット・ワンやリロ・ホールディングも同様に福利厚生サービスを提供していますので、会社の規模を比較してみます。 2016/1/8時点、3社の時価総額は以下のようになっています。 銘柄 上場市場 時価総額 発行株数 ベネフィット・ワン 東証二部 1,10… 続きを読む [6078] バリューHR:ストックビジネスと高利回りの優待が魅力