小売店に見るプラットフォームビジネス

小売店に見るプラットフォームビジネス published on

小売店は昔からある業態ですが、そのビジネスモデルを分析してみるとスーパーマーケットなどはプラットフォーム型のビジネスモデルとなっています。 今回はプラットフォームビジネスという観点で小売店を分析しました。 プラットフォームビジネスとしての小売店 様々な商品を並べ、競争させるほど価値が生まれる スーパーマーケット、家電量販店、ドラッグストアといった小売店では様々なメーカーの商品が店頭に並んでいます。 これは小売店として珍しくない光景ですが、小売店は各メーカーの商品を競争させているという見方もできます。 まさにプラットフォームビジネスの定義、「多くのプレイヤーを巻き込み、競争させること」に当てはまります。 実際、品揃えが豊富な小売店は、来店者にとっても魅力的ですよね。 売上データを活かした内製化(プライベートブランド商品の開発) 主にスーパーマーケットやドラッグストアでは売上データを基に、メー… 続きを読む 小売店に見るプラットフォームビジネス

[8252] 丸井グループ:カード事業が主力の小売業

[8252] 丸井グループ:カード事業が主力の小売業 published on

丸井グループは首都圏を中心に小売業を展開していますが、実は…? 利回りは高くはありませんが、ビジネスモデルが面白い銘柄です。   一見フロービジネス、実態はストックビジネス 丸井グループの業種は小売業となっていますが、実際ところはクレジットカード(金融)です。 これはマルイが古くから割賦販売を行ってきたことや、早くからクレジットカードを導入したことからも分かります。 マルイはかつて月賦百貨店と呼ばれていましたが、これは百貨店と異なり、今でも百貨店協会には加盟していません。 以下のセグメント別利益を見ると、カード事業は利益全体の6割を超えており、カード事業がメインであることが裏付けられます。 過去6年間のセグメント利益を見ても、カード事業は小売・店舗事業よりも安定的に、大きな利益をもたらしています。 これは小売事業がフロービジネスで景気などの外的要因に影響されやすいのに対し、カード… 続きを読む [8252] 丸井グループ:カード事業が主力の小売業