電子書籍のコスト構造と価格戦略

電子書籍のコスト構造と価格戦略 published on

最近、電子書籍を利用するようになって、そのコスト構造や価格戦略を実感しました。 今回はコスト構造や価格戦略についてまとめました。 電子書籍のコスト構造 電子書籍では紙書籍に比べてどのようなコストが減るのかを考えてみます。 初期費用(制作費・印税)は紙書籍と同様に発生 制作費や印税はこれまでの紙書籍と同様に発生すると考えられます。 また紙書籍ではサイズが決まっているためレイアウトも1パターンしかありませんが、電子書籍では端末やアプリによってレイアウトが変わる可能性があります。 このため、作品によっては紙書籍より制作費がかかっている可能性もあります。 変動費(製造・流通コスト)が0 電子書籍の最大の特徴はここにあります。 電子書籍は印刷しないので紙やインクなどの印刷コストはかかりません。 電子書籍はサーバから配信するだけですので、配送や店頭販売にもコストがかかりません。 電子書籍では在庫という… 続きを読む 電子書籍のコスト構造と価格戦略