200株購入、100株売却という選択肢

200株購入、100株売却という選択肢 published on

投資を始めた頃は「まず100株」と様子を見ることが多かったのですが、最近は200株買うことが多くなりました。 なぜ200株? 株価が2倍近くなった際の売却益で元手を回収し、あとはノーリスクで持ち続けることを狙うことが目的です。 具体例で説明します。 1株1,000円の株を200株購入し、2,000円で100株売却します。 すると購入にかかった200,000円を売却分で相殺でき、元手なしで100株持っていることになります。 あとは配当狙いでずっと持ち続けても良いですし、5倍や10倍などの値上がりを狙っても良いでしょう。 元の価格に下がってしまったら、もう一度100株買い増しもアリです。 なお、実際には売却益に税金がかかりますので、完全に相殺したい場合は税金分も上乗せした価格で売却する必要があります。 向いている銘柄、向いていない銘柄 この戦略は株価が少なくとも2倍以上にならなければ難しいです… 続きを読む 200株購入、100株売却という選択肢