奨励金を最大限に活用する、持株会による資産形成戦略

奨励金を最大限に活用する、持株会による資産形成戦略 published on

上場企業では、福利厚生の一環として持株会が提供されている会社があります。 今回は持株会を活用した投資戦略について考えてみました。 持株会の奨励金を活用した投資戦略 この戦略では、持株会においてできるだけ多くの金額を拠出することで、奨励金を利回りとして得ることを狙います。 一般に、持株会では奨励金として会社が5~10%程度の金額を上乗せして自社株を購入することができます。 中には20%以上も奨励金として上乗せしてくれる企業もあるようです。 短中期的には株価が大きく変動しないと仮定すれば、取引単位での売却を繰り返すことで奨励金を実質利回りとして得られることが期待できます。 なお、奨励金については以下のような扱いとなります。 証券口座に振り替えた場合、購入価格は奨励金を含めた価格となる 奨励金は所得税の課税対象となる。労働保険料には影響しないが、社会保険料の算定に影響する場合がある 参考:htt… 続きを読む 奨励金を最大限に活用する、持株会による資産形成戦略

[9831] ヤマダ電機:長期保有の優待が高利回り

[9831] ヤマダ電機:長期保有の優待が高利回り published on

2015年3月より株主優待が全体的に見直され、利回りも使い勝手も良くなりました。 100株で少額投資しやすく、高利回りなのでオススメです。 株主優待 1,000円毎に1枚使える500円の優待券が貰えます。 利回りは2016/2/19時点の1株521円で計算しています。 以下の表は1年未満継続して保持した場合のものです。  保有株数 3月 3月利回り 9月 9月利回り 年間利回り 100株 1,000 1.92% 2,000 3.84% 5.76% 500株 2,000 0.77% 3,000  1.15% 1.92% 1,000株 5,000  0.96% 5,000 0.96% 1.92% 10,000株 25,000  0.48% 25,000 0.48% 0.96% 1年以上保持すると3月に+3枚(+1,500)、9月に+1枚(+500)され、2年以上保持すると3月に更に+1枚(+5… 続きを読む [9831] ヤマダ電機:長期保有の優待が高利回り

[6670] MCJ:割安で高利回り、東証一部昇格も?

[6670] MCJ:割安で高利回り、東証一部昇格も? published on

MCJはPC関係の事業を運営している会社です。 マウスコンピュータというブランドはPCに詳しい方なら知っている方も多いでしょう。 ネカフェで有名なaprecioも実はMCJが運営しています。 中核授業のPC関連 マウスコンピュータと言えばPCのBTO販売が有名ですね。 またショップブランドへのOEM供給も行っており、実はマウスコンピュータのPCを使っていた、という方も意外と多いのかもしれません。 最近はスマートフォンやタブレットPCの普及によりPCの購入者が減少し、PCの市場自体が縮小傾向にあります。 一方、法人では当面PCが必要とされる業務が多いため一定の需要は見込めるでしょう。 また最近はデジタルサイネージも増えてくるなど、まだまだPCが活躍する場面はあると思います。 スティック型PCで話題に 2014年、Windowsのスティック型パソコンをリリースし、一時期株価が急騰しました。 今… 続きを読む [6670] MCJ:割安で高利回り、東証一部昇格も?

[3167] TOKAIホールディングス:静岡地盤のストックビジネス

[3167] TOKAIホールディングス:静岡地盤のストックビジネス published on

TOKAIホールディングスは静岡県を中心とした東海地方や関東地方へ商品サービスを提供している会社です。 TLC会員の方は利回りが非常に良いのでオススメです。   ストックビジネス中心の事業 この会社は以下のように様々な事業を展開しています。 ・LPガス、都市ガス ・インターネットプロバイダ ・ケーブルテレビ ・天然水の宅配サービス ・その他、ブライダル、介護、住宅関係など 主にストックビジネスを中心にとした事業で構成されている事が分かります。 特にガス、インターネットプロバイダ、ケーブルテレビなどは特に毎月安定した収入が見込める、安定性の高い事業構成となっています。 天然水の宅配サービスは今のところ赤字のようですが、黒字化されればこちらも魅力的なストックビジネスの一つになるでしょう。   TLC会員サービス 最近は顧客の囲い込みにも力を入れているようで、TLC会員サービ… 続きを読む [3167] TOKAIホールディングス:静岡地盤のストックビジネス

[6078] バリューHR:ストックビジネスと高利回りの優待が魅力

[6078] バリューHR:ストックビジネスと高利回りの優待が魅力 published on

バリューHRは企業向けに健康に関するサービスを提供している会社で、バリューカフェテリアという福利厚生サービスを提供しており、これが株主優待にもなっています。 成長が見込めるストック型のビジネスモデルと、株価を支える配当・株主優待が魅力の銘柄です。 株主優待 株主優待はカフェテリアプランです。これを目当てに株を保有している方も多いのではないでしょうか。 年会費が無料で利用でき、さらにカフェテリアポイントが付与されます。   ビジネスモデル バリューカフェテリアは安定的に会費収入が見込めるストック型のビジネスモデルとなっています。 ベネフィット・ワンやリロ・ホールディングも同様に福利厚生サービスを提供していますので、会社の規模を比較してみます。 2016/1/8時点、3社の時価総額は以下のようになっています。 銘柄 上場市場 時価総額 発行株数 ベネフィット・ワン 東証二部 1,10… 続きを読む [6078] バリューHR:ストックビジネスと高利回りの優待が魅力