[3710] ジョルダン 2016年9月期株主総会

[3710] ジョルダン 2016年9月期株主総会 published on

2016年12月22日(木)、ジョルダンの株主総会に行ってきました。 株主総会の雰囲気 出席者は20~25人程度で、思ったよりも小規模でした。 特に問題もなく進行し、総会後には続けて経営近況報告会が開催されました。   質疑応答メモ 株主総会での質疑応答のメモは以下にまとめました。 なおQ1-1やQ1-2はあまり歯切れのよい回答ではなかったので、上手くまとめられていないかもしれません。 Q1-1:連結損益の営業外費用や特別損失が大きい点について 駅から駅の案内ではなく、ポイントからポイントへの案内へシフトしてきている。 その中でグルメ関係を買収したが、収益化が難しかった。ただし、そのくらいの失敗はありだと割り切っている。 また教育事業に出資していたが、こちらは出資先が破綻してしまった。 特別損失についてはゴルフ会員権の評価損で、これは事業のための人脈維持・拡大に必要。 (失敗に関… 続きを読む [3710] ジョルダン 2016年9月期株主総会

[3723] 日本ファルコム 2016年9月期株主総会

[3723] 日本ファルコム 2016年9月期株主総会 published on

2016年12月20日(火)、日本ファルコムの株主総会に行ってきました。 株主総会の雰囲気 出席者はおおよそ100人弱程度前後でしょうか。 毎年、株主総会にて次の新作を発表しています。 出席者の顔ぶれを見るとゲームのファンでもある人が多そうで、実際に質問の内容からもそのように感じられました。   質疑応答 質疑応答のメモをまとめました。 Q1:御社のOBである新海誠さんとは何かやらないのか? 確かにOBであるが、今のところそのような予定はない。今後の参考にしたい。 Q2-1:キャッシュリッチだが、配当性向は30%まで引き上げてもらえないか? ゲーム市場は変動が大きいため、今後の経営判断の選択肢を広げたいと考えている。 Q2-2:従業員への還元や労務問題の面ではどうか? 勤続年数は業界でも屈指。従業員に対しては社長が直接、年3回の面談も実施している。 Q3-1:IP事業は現在売上が… 続きを読む [3723] 日本ファルコム 2016年9月期株主総会

コンビニをとりまく2つのプラットフォーム構造

コンビニをとりまく2つのプラットフォーム構造 published on

コンビニは、現在でも成長を続けている巨大な市場の一つです。 その成功した要因と課題について、プラットフォームビジネスという視点から探ってみました。 二つのプラットフォーム コンビニというプラットフォーム型店舗 コンビニは店舗自体が日常的に必要な商品やサービスを提供するプラットフォームとなっています。 スーパーマーケットやドラッグストア、家電量販店、百貨店などの小売店がプラットフォームとなっていることは、小売店に見るプラットフォームビジネスにて考察しました。 しかしこれらは物販中心のプラットフォームであったのに対し、コンビニは少し方針の異なるプラットフォームとなっています。 コンビニは食品や日用品の販売だけでなく、日常的に使われる様々なサービスを提供する窓口となることで、圧倒的な集客力を持ちます。 この圧倒的な集客力により「ついで買い」を積み重ねているとも言えるでしょう。 コンビニはスーパー… 続きを読む コンビニをとりまく2つのプラットフォーム構造

GMOクリック証券の手数料をキャッシュバックできる株主優待まとめ

GMOクリック証券の手数料をキャッシュバックできる株主優待まとめ published on

GMOクリック証券とは GMOクリック証券は、[7177] GMOクリックホールディングスが運営している証券会社です。 証券会社の中でも手数料が安めなのが特徴ですが、GMOグループの株主優待で手数料をキャッシュバックできます。 手数料を抑えるため、地方証券取引所など取り扱いのない銘柄もありますが、安い手数料は魅力です。   株主優待まとめ 以下の表にまとめました。権利月はいずれも、6月と12月です。 利回りには他の優待や配当は含めていませんので、トータルの利回りは更に高くなります。 コード 銘柄名 株数 投資額 返金額 優待利回り 9449 GMOインターネット 100 149,500 5,000×2 6.69% 3788 GMOクラウド 100 122,700 3,000×2 4.89% 7177 GMOクリックホールディングス 100 87,300 3,000×2 6.87%… 続きを読む GMOクリック証券の手数料をキャッシュバックできる株主優待まとめ

インターネット広告が直面する、広告業の本質的課題

インターネット広告が直面する、広告業の本質的課題 published on

ここ2週間ほど、DeNAの運営するWELQをはじめとするキュレーションサイトが問題になっています。 しかしこのような問題が起こるのは時間の問題で、遅かれ早かれ起こるものと感じていました。 この機会に私がここ数年ほど、インターネット広告について感じていたことをまとめました。 そもそもインターネット広告が普及した理由 インターネットにおける広告費はずっと右肩上がりでの成長を続けており、現在も拡大しています。 この理由は主に3つあると考えています。 1つ目は、純粋にインターネットの普及率・利用率が上がったためです。 そして2つ目は、テレビなど既存メディアに比べて顧客に合わせた広告を配信できるためです。 これはインターネットでは行動履歴の取得や属性の推定がしやすいことによります。 最後に3つ目は、個人でも簡単に広告配信による収益化が可能となったことです。 これを専業や副業とする人が現れるほどですの… 続きを読む インターネット広告が直面する、広告業の本質的課題

高配当銘柄の長期信用買い戦略、維持費は相殺できるか?

高配当銘柄の長期信用買い戦略、維持費は相殺できるか? published on

一般に、長期投資に向かないと言われる信用取引ですが、ふと「配当落調整金で維持費を相殺できないか?」と考えました。 そこで長期信用買いの可能性を探るため、損益分岐について試算してみました。 長期信用買い戦略とは 概要 長期信用買いは以下のいずれか、もしくは双方を目的とした戦略です。 購入時点の株価よりも高くなるまで持ち続ける 配当落調整金と維持費の差額を継続的に得る 後者については、配当金と維持費の裁定取引とも言えます。 メリットは現在保持している有価証券を担保(保証金)として活用できることです。 ただしあくまでも信用取引ですので、現物とは違ったリスク管理が必要となります。 前提条件 長期信用買いの戦略は以下の条件を満たすことを前提としています。 配当金が下がらないこと 十分な保証金を維持できること(株価が下がっても問題ないこと) 長期的にその企業が上場し続けること 1.や3.は外部的な要因… 続きを読む 高配当銘柄の長期信用買い戦略、維持費は相殺できるか?

【2016年】東証J-REIT ETF 全7種類の比較と選び方

【2016年】東証J-REIT ETF 全7種類の比較と選び方 published on

最近、東証に上場しているJ-REITのETFが増えています。 今後買いたい時に備え、それぞれを比較してまとめました。 J-REIT ETFの概要 現在、東証で取引可能なJ-REIT ETFは以下の7種類です。 銘柄コード 商品名 分配月 運用業者 信託報酬 上場日 1343 NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信 2,5,8,11 野村 0.32% 2008年9月18日 1345 上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型 1,3,5,7,9,11 日興 0.30% 2008年10月21日 1398 SMAM東証REIT指数上場投信 3,6,9,12 三井住友 0.22% 2015年3月25日 1476 iシェアーズJリートETF 2,5,8,11 ブラックロック 0.16% 2015年10月20日 1488 ダイワ上場投信‐東証REIT指数 3,6,9,… 続きを読む 【2016年】東証J-REIT ETF 全7種類の比較と選び方

小売店に見るプラットフォームビジネス

小売店に見るプラットフォームビジネス published on

小売店は昔からある業態ですが、そのビジネスモデルを分析してみるとスーパーマーケットなどはプラットフォーム型のビジネスモデルとなっています。 今回はプラットフォームビジネスという観点で小売店を分析しました。 プラットフォームビジネスとしての小売店 様々な商品を並べ、競争させるほど価値が生まれる スーパーマーケット、家電量販店、ドラッグストアといった小売店では様々なメーカーの商品が店頭に並んでいます。 これは小売店として珍しくない光景ですが、小売店は各メーカーの商品を競争させているという見方もできます。 まさにプラットフォームビジネスの定義、「多くのプレイヤーを巻き込み、競争させること」に当てはまります。 実際、品揃えが豊富な小売店は、来店者にとっても魅力的ですよね。 売上データを活かした内製化(プライベートブランド商品の開発) 主にスーパーマーケットやドラッグストアでは売上データを基に、メー… 続きを読む 小売店に見るプラットフォームビジネス

プラットフォームビジネスの特徴と、投資すべき銘柄の見極め方

プラットフォームビジネスの特徴と、投資すべき銘柄の見極め方 published on

近年、プラットフォーム戦略やプラットフォームビジネスが注目を集めています。 今回はプラットフォームビジネスと、そういったビジネスモデルを持つ企業への投資について分析・考察しました。 プラットフォームビジネスとは プラットフォームビジネスの定義 プラットフォームビジネスとは、何らかの分野に特化した価値のあるプラットフォームを提供するビジネスモデルです。 プラットフォーム戦略、プラットフォーム型のビジネスモデルとも言われます。 プラットフォームを運営する事業者はプラットフォーマーと呼ばれ、プラットフォームの利用者はプレイヤーと呼ばれます。 プラットフォームビジネスの収益源は、プレイヤーから得られるプラットフォーム利用料です。 できるだけ多くのプレイヤーにプラットフォームを利用してもらうため、プラットフォーマーはプラットフォームの価値の最大化に注力します。 プラットフォームビジネスの本質は「場」… 続きを読む プラットフォームビジネスの特徴と、投資すべき銘柄の見極め方