廃止されにくい株主優待の選び方

廃止されにくい株主優待の選び方 published on

株主優待は個人投資家向けに作られていますが、業績が悪化すると優待が廃止されることも少なくありません。 そのため、株主優待目当てで買う場合は廃止されるリスクも考慮したほうが良いでしょう。 金券類は廃止されやすい クオカード、ギフトカード、図書カードなどの金券類は廃止されやすいです。 金券類の優待は使い勝手が良く、多くの人が株式を購入してくれる可能性があるため、株主数を増やす効果があります。 しかし、企業側としては金券の額面ほぼそのまま経費として計上されてしまいます。 クオカードに企業の名前が入っていることによる一定の広告効果もありますが、業績が悪化した場合には見直される可能性が高いと言えるでしょう。 自社製品・サービス関連は廃止されにくい 自社製品・自社サービスに関する株主優待は廃止されにくいです。 というのも、これらは経費が額面よりも少なくて済む上、今後自社の製品・サービスを継続的に使って… 続きを読む 廃止されにくい株主優待の選び方

[6078] バリューHR 2015年12月期株主総会

[6078] バリューHR 2015年12月期株主総会 published on

2016年3月29日(火)、バリューHRの株主総会に行ってきました。 株主総会の雰囲気 増収増益のためか、終始穏やかな雰囲気でした。 事業領域が特殊なためか、事業内容についての質疑応答は特徴的でした。 質疑応答 以下のような内容でした。 Q1:健康診断でアルコール依存症を防ぐアドバイスをしてほしい 企業、医療、保険組合と一緒になり、検討していく。 Q2:連結の財務状況について 子会社はネットワークス(福利厚生)と、ヘルスケア(カフェテリアプランでヘルスケア販売)がある。 ただしどちらも子会社単体としては苦戦している状況。 Q3:監査について (ありきたりな回答でした) Q4:300人を超えると人材が劣化する。どのような施策をやっているか? (ありきたりな回答でした) Q5:決算説明会について 短信をWebで公開している。 Q6:組合の数は減っているのか? 立ち行かなくなって解散させられてい… 続きを読む [6078] バリューHR 2015年12月期株主総会